阿川佐和子は創価学会?うざい!テレビで聞く力は使わないの?【画像】

阿川佐和子は、エッセイスト兼タレント。
テレビでよく見かけますね。
 

「ビートたけしのTVタックル」では、
進行レギュラーを務めていますが、

よく喋って人の話を聞かない、うざい、嫌い、など、
評判が悪い悪い・・・

スポンサードリンク




阿川佐和子は創価学会?うざい!テレビで聞く力は使わないの?【画像】

そんな阿川さんですが、
芸能界を牛耳っている、創価学会の一員だそうです。
 

番組を降ろされないのは、
きっと創価の力が働いているのだと思います。

また、阿川さんは創価学会の力で
こんなこともやらかしていました。
 
 

森絵都さんの「カラフル」という小説を絶賛。
阿川佐和子は創価学会?うざい!テレビで聞く力は使わないの?【画像】
物語の内容は、
ヒロインの中学2年生の女生徒が中年の男と愛人関係を結んでいるという設定。

これだけなら良いのですが、これは児童文学だそうです。

また、産経児童出版文化賞を受賞しているそうです。
 

こんな児童文学があって良いのでしょうかーー;
 

しかし、批判的なコメントはネットではありません。

それに実写で映画化まで果たしており、
母親役に阿川さんが出演しています。

この「カラフル」という小説は、もしかして創価学会のものなのでしょうか?
 

調べてみましたが、
某掲示板に少し情報があるだけで
直接関わりがあるかはわかりませんでした。
 

創価学会に入っていればなんでもできる、というような勢いが怖いですね。
 
 
 

これまで悪い事しか述べていませんが、
阿川さんは、インタビュアーとして
かなり実力があるそうです。
 

阿川さんが著した「聞く力」という、
ロングセラー作品がありますが、

この本には、相手が自分に心を開いてくれるようにするための方法が書かれています。
阿川佐和子は創価学会?うざい!テレビで聞く力は使わないの?【画像】
阿川さん自身、テレビでも、聞く力を発揮してほしいですね(笑)

スポンサードリンク

1件のコメント

  • 阿川佐和子は信用性ゼロ

    阿川さんはテレビで「リスクを負わずに食っていく」ことが仕事となっていて発言などに全く魅力はありません。想像してみてください。阿川さんが学校の先生ならいじめは絶対なくせません!それは立場ばかり考えていじめる子に迎合して弱い子を助ける気概がないのは明らかです。あるいは企業に勤めてて企業が不正をしていても必ずや迎合して社長におもねるでしょう。そして企業が告発された時点でこんどは企業にたいしてああすれば良かったとか、私もおかしいと思っていたとか言い出す人です。この人は信用性ゼロの日本人の悪い部分をそのまま生きてきたような人だから若い人は阿川佐和子の本なんか買ってはいけません。

コメントを残す