私の男、試写会の感想!キャスト、ネタバレ解説あり!ラブシーンは?桜庭一樹

第138回直木賞受賞作、
桜庭一樹さん原作の作品の映画化、
『私の男』。

スポンサードリンク



20140611-140639.jpg

「落ちぶれた貴族のように、
惨めでどこか優雅な男・淳悟は、
腐野花の養父。

孤児となった十歳の花を、
若い淳悟が引き取り、
親子となった。

そして、アルバムを逆から捲るように、
花の結婚から二人の過去へと遡る。

内なる空虚を抱え、
愛に飢えた親子が超えた禁忌を圧倒的な筆力で描く

Amazon「私の男」内容説明より」

20140611-140729.jpg

そんな作品で、

主役は腐野淳悟役は、
浅野忠信さん。

20140611-140753.jpg

腐野花役、
二階堂ふみさん。

20140611-140820.jpg

淳悟と花が昔住んでいた町の刑事で、
殺人事件を調べているという重要な役、
田岡役にモロ師岡さん。

腐野花の結婚相手で
裕福な家庭で育ちの良い青年、
尾崎美郎役に高良健吾さん。

と、
中々な実力派豪華キャストの面々です。

この時点で見たくなってきてしまいます!

さらに思う浅野さんと二階堂さんの
濃厚なラブシーンがあるそうで、
それも必見。

20140611-140706.jpg

お二人がお互いの指を舐め合うシーンは、
エロいし、よく描かれていると評価されています。

映画を見た方も、

「特に指をなめるシーンは特にエロスを感じました。」

「エロスを感じたのは、
淳悟が朝食を食べる花の唇についたジャムをなめるシーンで
獣のようだなと感じました」

気になってきましたね笑

しかも演じるのが浅野さんですから、
たまらないですよね。

試写会を見にいかれた方の感想として、

どういうこと??
と思う序盤から、

中盤以降では、
花と淳悟の生い立ち、
事件の真相が明らかになったりして、

「そういうことだったのか」

と明らかになっていくのがとても面白いとか。

さらに後半になるとわからなかった部分がやんわり明かされていくことになるようで、

最後も納得のできるというかんじですかね。

また、
流氷シーンは、
突き刺さるような冷たさと
痛みまでも伝わり、
殺気を感じるまでの悲鳴のような花の叫びに感極まってしまう方が多数。

原作を読まれている方も、

「原作とはちょっと構成が違っていましたが、
その点についての不満はありません」

「ふたりを演じられるのは浅野忠信と二階堂ふみしかいない」

などと納得の声。

原作ファンからも賞賛の声があがる作品なんて気になりますよね!

ただ映画ではわからないところもあるそうで、
映画をみたあとに原作を読み、
理解するのも良いかもしれませんね。

20140611-140844.jpg

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています↓↓

コメントを残す