葛西紀明の母の噂!彼女の目撃!?性格エピソード!

ソチオリンピックの開幕もせまってきましたが、
今回はノルディックスキー・ジャンプで、
41歳、7度目のオリンピック出場となる、
葛西紀明さんについてです。

スポンサードリンク



20140204-142119.jpg

葛西さんの母親は知人宅で放火にあい、
全身やけどを負い亡くなったということがありました。

それが
同棲していた男性による放火だという話が出回っています。

お母様の闘病ノートには、

「紀明の試合が見たい」

と書いてあったのだそうで、

それをみて葛西さんは、
今も現役を続けているのです。

葛西さんの家は貧しく、
病気をさで働かない父親にかわり、
母親が働き家計を支えていたそう。

そして、

葛西さんの妹・葛西久美子さんは、

再生不良性貧血症という難病で

余命半年を告げられましたが

20140204-142143.jpg

「僕が金メダルを取れば妹の病気が治るような気がする」

といった葛西選手の想いが通じたのが、

現在は難病を克服し、

2003年に結婚し
現在は元気に暮らしているそう。

お姉さんは、

スキージャンプ競技の日本代表でもある紀子さん。

そんな葛西さんは結婚はまだされておらず、

しかし

「ソチオリンピックで優勝できたら家を買う」

と言ったことから、

結婚するのでは?という、噂も。

妹さんが元気になる以前は

つきっきりで面倒をみていて

さらに金メダルを目指して
いたので

練習で忙しく、

彼女を作る暇もなかったようで、

熱愛の噂などはありません。

一時は

「彼女かは解らないけど、

やたらと親しそうにしてる女を発見。 」

「年上の彼女」

「焼肉屋でデート」

などとネット上で噂があったこともあつたようですが、

確証のある報道はありませんし、

几帳面で理想が高めだといわれていますので、

なかなか難しいのかもしれないですね。

自宅には自分の体を鍛えるための、

いじめ部屋と呼ばれる部屋があり、

そこでストイックにトレーニングにはげんでいるそう。

20140204-142213.jpg

食事途中で体重計に乗り、

結果によっては野菜に変えるということもしていて、

成績も肉体も一番でありたいという

負けず嫌いで真面目な性格を明かしていました。

その負けず嫌いで今回のオリンピックでも成果を残していただきたいですね!

50歳まで現役でいたいという意思どおり、がんばっていただきたいです。

スポンサードリンク

こんな記事も読まれています↓↓

コメントを残す